料理や食のエキスパートを目指そう│専門学校で育成DELIプロ

調理

プロから学ぶ

調理

料理の専門学校に通うときに注目しておきたいのが指導をする講師陣です。できるだけ多くのジャンルのプロがいる学校や現役で活躍しているシェフがいる学校を選ぶのが良いでしょう。

Read More

選ぶときは学費にも注目

調理

料理の専門学校を目指す場合、学校選びに欠かせないのが学費で、卒業までにいくらかかるか事前に計算して出しておくことが大切です。学費だけで決めるのではなく、設備や講師など総合的に判断することが重要です。

Read More

通学や就職のサポート

調理

料理の専門学校を選ぶときには、居住空間のサポートや就職支援の制度がどのくらい充実しているか確認しておくと良いでしょう。短期間で必要な知識を身につけ、希望の場所へ就職する為にもこれらのサポートは非常に重要です。

Read More

食にまつわる仕事

料理の専門学校をお探しならこちらがおすすめです。就職サポートも充実しているので技術を身に付け業界での活躍を目指しませんか?

様々な学校がある

調理

専門性が高い仕事には様々なジャンルがありますが、中でも日常生活に必要不可欠な食にまつわる仕事は昔から多くの人に人気がある仕事となっています。食の仕事といっても、洋食や和食のシェフ、スイーツ職人やフードコーディネーターなど様々な仕事があります。基本的に、これらの技術や知識は一般的な総合大学では学ぶことができないので専門学校で学ぶのが良いでしょう。今では調理専門学校などもかなり増えてきているので、正しい専門学校を選ぶことによって、自分がつくりたい料理の知識と技術を習得することができます。料理は芸術とも言われるように、味と見た目は料理の評価にも大きく関わってくるので、盛り付けなどのデザイン力も身につけられる専門学校を選ぶことがポイントです。

基本は実習

料理の専門学校の場合、座学が多い大学に比べるとほとんどが実習と言われています。味付けや見た目の盛り付け、調理のスピードなどは何度も経験していくうちに上達していくので専門学校を選ぶときにはできるだけ実習時間を多く設けている学校を選ぶと良いでしょう。実習が多い学校の場合、8割近くが実習の授業となっているので、このような学校であれば基本から応用まで早いうちに学ぶことができます。現場を意識した指導をしてくれる料理の専門学校であれば、就職したあとも早い段階で即戦力として活躍できるといえます。実習の中身も専門学校によって変わってくるのでホームページや資料請求をして比較しながら学校を選ぶと良いでしょう。